みやブログ

iPadとその周辺のガジェット、アプリ、WEBサービスやライフハック記事を紹介します!

iPadProは最高の液晶タブレットとなり得るか

おつかれさまです、ゆみやです!

 

iPadProを購入検討している方の中にはお絵かき目的で検討されている方がいるかと思います。

前回の記事でiPadProをおすすめの理由の中には含めませんでしたが、

自分はお絵かきマシンとしても、iPadに期待を寄せていたユーザーです。

結論から言うと、お絵かき目的で購入を考えているそこのあなた。

 

めっちゃおすすめです!(笑)

 

今回はそのおすすめポイント(メリット)とデメリットをお伝えします。

 

【おすすめポイント(メリット)】

  1. Apple pencil 2が使いやすい
  2. 液晶タブレットの上位互換と言える機能の搭載
  3. 気楽にお絵かきが楽しめる
  4. 周辺機器が使える

 

【デメリット】

  1. Apple pencilの値段が高い。充電が必要。
  2. お絵かきはアプリ依存となる。
  3. 情報量が多いイラストは処理落ちやアプリが落ちる可能性も

 

【おすすめポイント1】Apple pencil2が使いやすい

お絵かきをするなら、スタイラス(ペン)は必要不可欠ですが、

第3世代iPadProはApple pencil2が対応しているモデルです。

これが旧Apple pencilより使いやすくなっています。おすすめ。

 

◾️ペンが旧モデルより短くなり、持ちやすさが向上。ツール切り替え機能の搭載。

旧モデルはちょっと質のよいプラスチック感のあるペンでしたが、マット加工がされてサラサラしたペンになりました。

それとペン自体の長さが短くなり、持ちやすくなっています。

また、ペン先付近をダブルタップするとアプリ依存ではありますが、ツールの切り替えが可能になりました。

(例えば、ペンツールから消しゴムツール切り替えるといった事が可能です。)

 

f:id:miyashiroyou:20190327193349j:image

 

◾️充電がしやすくなり、リスクが減った。

Apple pencilは内蔵電池があるスタイラスで、公式周辺機器なだけあり、

他メーカーのスタイラスのクオリティを大きく差をつけているスタイラスと言えます。

というかiPadProユーザーになってスタイラスを使うなら、マストバイと言ってもいいかもしれません。

 

Apple pencilの充電はハラハラする仕様でそれはもう酷いものでした。(それと見た目的にダサい…)

こちらのengadgetさんの記事をご覧になると充電時の様子がお分かり頂けるかと思います(笑)

 

iPad Pro の Apple Pencil 強度テスト動画、根元から折れるまで実験。Lightning端子の基部が可動 https://japanese.engadget.com/2015/11/19/ipad-pro-apple-pencil-lightning/ 

 

もうダサいし、うっかり根元が折れやしないか心配しかない!

そんな旧Apple pencilでしたが、新 pencilでは充電方法がスマートになりました。

こんな感じです!

 

f:id:miyashiroyou:20190327192426j:image

Apple公式より

 

pencilに内蔵されているマグネットでiPad本体にカチりとくっつけるだけ。

これで充電がされるようになりました。スマート!

 

【おすすめポイント2】液晶タブレットの上位互換と言える機能がある。

 

◾️ピンチ操作で拡大縮小、回転が行える

 これはタブレット端末ならではの利点ですが、これがめちゃくちゃ便利です。

これがiPadが液晶タブレットの上位互換足らしめる機能ではないかと感じています。

 

◆画面視差がほぼない

液晶タブレットユーザーの方は聞いたことがあるとおもいますが、

液晶タブレットでは、ペン先と画面に映るカーソルとの間に隙間が生じます。

これを画面視差と言いますが、iPadではこれがほとんどありません。

その為、画面に直接描いているような描き心地があります。

 

 

【おすすめポイント3】気楽にお絵かきが楽しめる。

液晶タブレットと違い、持ち運びが簡単にできるタブレット端末ならではの利点を活かす事ができて

ベッドやソファでくつろぎながら描くこともできます。

(このおかげで僕もイラストを描く頻度が増えました!)

 

 

【おすすめポイント4】周辺機器機器が使える

第3世代iPad Proからは接続端子がUSBtype−Cに変更となっています。

これによりtype-CのUSBハブなどを介して、普段使い慣れているPC用キーボードなどが使えたりします。

 

 

おすすめポイントについてはこんな具合です。

デメリットについては、先に記載した通りです。

Apple Pencil 2は15,000円ぐらいしますし、お絵かきするならアプリ依存ですし、

情報量が多い(レイヤーが多い)イラストの制作などは稀にアプリが強制終了する事があります。

 

しかし基本的にはそこまでは気にならないぐらいの具合です。

価格は高いものの、iPadを液タブマシンに変えてくれる最高のアイテムです。

アプリ依存といっても、それはスマートフォンタブレットを最大限に利用するなら避けては通れないデメリットですし、

強制終了についてもアプリ側で自動保存してくれているパターンとかもありますし。

デメリット以上の価値が第3世代iPad Proにはあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は「iPadProは最高の液晶タブレットとなり得るか」でした。

タブレットならではの端末ならではの取り回しがよさで、従来の液タブよりも気軽にお絵かきできる

最高の液タブマシン…それがiPadProではないか!という事でした!

 

購入を検討されている方の判断材料になると嬉しいです。

それでは!

 

ゆみや